スタンリー・タレンタイン(ts) Look out

スタンリー・タレンタインはマイナーなのかいまいち手に入りにくいのが難点ですが、このアルバムは比較的手に入りやすいアルバムです。
なんというかこの人のテナーは元気に吹いてもバラードなんかを吹いても、「あー、テナーサックスってこんな感じ」と初心者のワタクシが漠然と抱いていたジャズ、特にテナーサックスのイメージに非常に近いのです。
なんかコルトレーンのballadでm似たようなことを書きましたが、ちょっとタイプは違いますが。
テナーサックスの好きな方にはぜひ聞いていただきたい1枚です。
1曲目は元気よく始まりますが、しっとり聞かせるスローなナンバーもあり、どちらも良し。
BLUEHOURはしっとり系オンリーでしたが、こっちもいいですよー